くろやなぎ農園

得意分野・アピールポイント

野菜と米の他に、山菜や木の実、無農薬で育てやすい果樹などを栽培しています。さらにドングリの木などを植えて安らぎを覚える農園づくりを目指しています。

研修生に望むこと

ただ単に有機農法(農薬と化学肥料を使わない農法)による栽培技術の習得を目指すのではなく、なるべく自然の状態に近い農法(自然農法)の考え方を学んでいただきたい。

基本情報

農園名・組織名 くろやなぎ農園 (くろやなぎのうえん)
郵便番号 389-1200
都道府県 長野県
住所 上水内郡飯綱町大字豊野1747
代表者名 黒柳 清春 (くろやなぎ きよはる)
担当者名 黒柳 清春 (くろやなぎ きよはる)
TEL 090-9357-3911
E-mail kiyoharu96872◆kdn.biglobe.ne.jp

※E-mailアドレスは”◆”を”@”に変換してください。

ブログ http://blog.goo.ne.jp/kuroyanagi-nouen/
交通手段 ○電車利用の場合  「牟礼」駅より車で約5km ○車利用の場合  信州中野ICより約15km

営農情報

主要作付作物 米、大豆、小麦、野菜、山菜、果樹
およその品目数 約100品目
水稲 50a (有機率100%)
畑作 50a (有機率100%)
野菜 50a (有機率100%)
果樹 50a (有機率100%)
山林面積 200a

研修生募集情報

受入期間 4月~11月
受入可能者 5人
農業に対する信念・思い 無農薬で野菜を作るには、病害虫に負けない健康な野菜を育てる必要があります。そのためには健康な土を作ることが絶対条件です。山の腐葉土ができる過程からヒントを得て、現在は落葉、刈草、ストーブの灰、米ぬか等で健康な土づくりを続けています。
周辺における就農可能性 後継者を求めています。地元役場には、新規就農者への支援制度があります。
宿泊施設 有り
自炊:可
報酬 有り
応相談