有機農業をはじめよう
有機農業をはじめよう/有機農業への道

有機農業をはじめよう/ホーム ホーム > 有機農業への道

1.有機農業をはじめるにあたって

1 / 212

有機農業をはじめようとしている方に、まず知っておいてもらいたいことをまとめてみました。

まだまだ少数派

1980年頃は実施者も少なく、草取りや病中害対策が大変でした。そのため「勇気(が要る)農業」などと揶揄されたり、実施者は変わり者扱いされたりしていました。それだけならまだいいのですが、「お前の畑から虫が来る」「雑草の種が飛んでくる」などと言われたりすることもありました。またそれらは、農業者の技術が未熟である場合は事実でもありました。

しかし長年の有機農業者の地道な努力の結果、それらは技術的にかなり解決しました。それでも、有機JAS認証という認証を取っている有機農家は、全体の0.2%程度、取っていない有機農家を合わせても0.4%程度です。まだまだ実施者が少ない現状があります。

しかし期待は大きい

そのような昔とは異なり、今は国が有機農業推進の法律をつくるようにまでなり、実施者も徐々に広がりを見せています。有機農業は、新しく農業をはじめようとする人の約25%が希望し、約90%が関心を持っているという調査結果もあります。生物多様性の保全をはじめとする環境問題やエネルギー問題、食の安全問題がクローズアップされる現代において、期待が高まるのは必然でしょう。大学のサークル活動や市民活動など、農外からの応援も多くあります。また、現状では実施者が少ないことをチャンスと考えている人も多くいます。

ノウハウの整理は未だ不十分

有機農業でうまく経営をしている農家は数多くありますが、その栽培技術は農薬や化学肥料を使った農業と比べるとまだまだ体系的に整理されてはなく、教科書と言えるものはなかなかありません。技術の基本が各地域の風土や生きものに強く根差したものであり、多種多様だからです。そのため普及指導員やJAに尋ねても、技術は十分に教えてもらえないことも多くあります。これを根拠に「有機農業は止めておいた方がいい」と“親切心”から言う人もいますが、逆に自然とのふれあいや日々の発見が楽しみや生きがいとなる人もいます。

仲間づくりがとても大切

多くの場合、栽培技術や販売方法などの農業経営は先輩農家から学ぶことになります。情報交換が出来る、志を同じくする仲間づくりが重要となってきます。他にも得意作物を持ち寄って共同出荷したり、機械を共同利用したり、加工までして付加価値をつけたり、観光農園化やレストランと直結したり・・・それぞれ得意な作業を役割分担していくとさらに経営が安定します。新規参入者はさらに土地や家探しなど、その土地に詳しい仲間にお世話にならなければならないことが多くあるでしょう。

その土地の人になる

農業を始めるということは、その土地に移り住み、そこでずっと暮らしていくということです。文字通り、土地に根差した産業なため、引っ越しは簡単には出来ません。 地域によって様々ですが、農村には農村のルールがあります。多くの場合、農地や用水路などはその土地の先祖が苦労して開拓したものであり、用水路などは共同管理されています。有機農業への理解度も様々です。そのような中で家や土地を手に入れ、地域の人々と付き合って暮らしていくことが求められるのです。新規就農者はその点は大変かもしれませんが、逆に全国の様々な農村から就農地を選べるという見方もあります。具体的にイメージ出来ない場合は、研修などを通じて農村の生活を肌で感じてみることが大切でしょう。

「正しい農業」は立場によって様々

有機農業をはじめるには、多くの場合、情熱・理念・確信のようなものが必要です。しかし「農薬・化学肥料を使う農家はけしからん」「有機農業が正しく、他の農業は全て間違っている」という独善的で排他的な考え方は、つまらない対立を生むだけです。食料を生産する者はそれだけで同志ですし、他の形態の農家からも学ぶべきところは沢山あります。色々な農業形態があり、それぞれ一理あり、その中から自分は有機農業を選んだ、「有機農業もいいよ」というようなバランスの良い考え方が必要です。

農業は、はじめよう!と思ってすぐできるものではありません。まずは慎重に情報収集から。

まずは大まかなビジョンを組み立てよう

「どのような農業がしたいのか」「どこで農業がしたいのか」どこに相談に言ってもまず聞かれることです。有機農業にも色々な形態があり、地域性が強いことも多いです。まずはそのビジョンを組み立てましょう。

学生の方などはいいですが、サラリーマンなど社会人の方が一念発起ですぐに退職して、知識ゼロでさぁ情報収集!というケースも時折あります。しかしこれは相談に応じる側にとっても大変なことです。勢いも大切ですが、まずは慎重に情報を収集し、先輩方の様々な農業形態を調べ、大きな構想を描きましょう。

本や冊子、インターネット

一時期の農業ブームもあり、様々な書籍・冊子等で情報が出ています。当サイトの実践事例集書籍情報リンク集もご参考ください。

就農セミナーや相談会

新規就農希望者を対象とした「新・農業人フェア」(当団体も相談ブースを出展)や、各都道府県が開催する就農相談会、各地の有機農業団体が企画する見学会・相談会などがあります。

農業体験

各県の農業大学校や就農準備校の体験コース、大学等の援農サークル、市民農園など、農業を体験できるきっかけは沢山あります。少し踏み込めばボラバイトなどの農業アルバイトやWWOOFという世界的な制度を利用して、農家で実際の農作業を体験することもできます。

各種相談窓口

公的機関やそれに準ずるもの、民間団体など様々ありますが、有機農業に関して対応可能な窓口は少ないのが現状です。相談が可能な窓口は当サイトの相談窓口情報もご参考ください。また、各地に点在する有機農業グループを探して訪ねるのも良いでしょう。

他に農業関係としては各都道府県の新規就農相談センター、技術や営農計画づくりには農業改良普及センター、農地に関しては農業開発公社や市町村の農業委員会、他に農業会議などがあります。JAでは農産物の販売や資材の購入、保険や共済への加入、資金の借入などができますし、民間のグループも沢山あります。しかし有機農業に関するノウハウが少ないため、否定的なことを言われることもあるかもしれません。それも一つの事実と頭に置きながらも、有機農業の情報が得られる場所を探しましょう。

幅広い知識を!

有機農業に限らず、農業には様々な知識が必要です。研修等を通じてでもいいのですが、作物栽培の基本や農地法、農業者の資格など、知らなければならない情報は沢山あります。有機農業に拘らず、普通の農業に関する情報にも積極的に目を通しましょう。また、それらを通して、有機農業とは何かということが見えてきたりもします。

大きなビジョンが出来たら、技術習得のため研修を受けることをお勧めします。有機農業の知識は、現状では農業者から教わるのが主流です。

研修先の選び方

大きく分けて、2通りの考え方があります。

地域で選ぶ

将来ここで農業がしたい!と思える場所が見つかった場合、可能な限りその近くで研修を受けることが望ましいです。その土地に向いた作物や種蒔き・収穫のタイミング、気候の特徴などがわかり、その後の家や土地探しや仲間づくりがスムーズにいく可能性が高まります。研修に対して公的な補助金がある場合、研修先と就農先が同じ都道府県でなければ受けにくいという現実もあります。

形態で選ぶ

将来こんな農業がしたい!と思える農家や農業形態が見つかった場合は、そこで研修し、その後の就農地で実践しましょう。 大規模経営、畑と鶏の有畜複合経営、トマトなどの単一栽培、少量多品目栽培、自然栽培、観光農園、レストラン直結、自給自足、半農半X・・・などの形態以外にも、研修指導者の生き方や思想、相性も重要な要素です。 自己資金に応じて、お金をかけるやり方・かけないやり方などもあります。

具体的な研修先

受入農家

農村の暮らし、種まきから収穫、出荷まで、全て体験できるのが魅力です。 気持ちが通じ合えば、善意の好待遇で受け入れ色々と教え育ててくれる農家も多数あります。 また、農家に住み込む場合、別に住居が指定されている場合、自分で住居を探さなければいけない場合、賄い付、自炊、様々です。 なお、天気の良い日は一日中農家の仕事時間です。来訪する場合は必ず前もって約束を取り付けるなど、仕事の邪魔にならないように配慮しましょう。

農業法人

法人が人材育成に力を入れている場合、グループや人を雇いながら大規模にやりたい場合、将来そこに就職したい場合などに向きます。研修生から従業員になれることもあります。 しかし人数が多く分業化されているので、希望の部署につけないこともありますので、事前によく話を聞いておくことが大切です。公的な補助金が受けられることも多く有ります。

農業大学校

農家や農業法人は教育機関ではないため、稀な例ですが、研修では成果ばかりが要求されたり、教え方も偏っていたり、分かりにくかったりすることもあります。ゆっくり学んだり適性を見定めてみたい場合、などには学校でゆっくり学ぶ選択肢も考えましょう。急がば回れなケースもあります。 有機農業を教えてくれる大学校は最近増えつつある状況です。

労働力確保目的のケースも

善意で研修を受け入れてくれる方々は多いのですが、中には人手が欲しいので研修生を募集する、というケースもありますし、外国人研修生問題も時々報道されている通りです。受入先や先輩研修生などによく話を聞き確認する必要があります。しかし、もし労働力目的の研修先だとしても、そこでノウハウを「目で盗む」「体で覚える」ことができるのであれば、またその価値がある場所であれば、それもまた良しとも考えられます。

新規就農の場合、全て一から探すことになりますが、基本は人づきあいです。土地の制度は研修中にじっくり学んで行きましょう。

土地の取得は法律を満たす必要がある

農地は「宅地」や「山林」などとは違い、「国民の食糧の安定的な供給の場所」という大きな特性を持っています。そのため、農地を買ったり借りる場合にはいくつかの制限があります。窓口は各市町村・農業委員会です。

不耕作目的での取得制限

従事する人数や所有機械、技術などの点から、全て耕作できると認められる状況になって初めて取得できます。農地を取得してから準備する、という順はできません。

常時従事しない場合の取得制限

基本的には土地の権利者またはその世帯員が農作業を常時していく必要があります。資産保有の目的での農地取得はできません。ある一定の条件を満たせば、使用貸借による権利又は賃借権を取得することもできます。

下限面積制限

市町村によって様々ですが、多くの場合、北海道で2ha以上、都府県で50a以上の面積が必要です。それ以下の面積では、十分に農業経営が出来ないと判断され、取得が認められません。

効率的利用をしない場合の取得制限

同一市町村に住んでいるなど、居住地から無理なく通って農業ができると認められる必要があります。

条件に合った土地を選ぶ

日照条件や水利権、価格、家からの距離など、いろいろな条件がありどれも大切ですが、有機農業では比較的土壌条件が重要となります。自分のやりたい作物に合った土地かどうか、生えている作物や草、土壌分析などで判断する必要があります。その判断も先輩農業者などにお世話になるといいかもしれません。

家や土地は信頼関係から探していく

農地と住宅との両方で好条件なものを探すのは大変です。さらに農村には「先祖伝来の家や土地を見ず知らずの人には貸せない」という風潮が根強く残っている地域も多いです。そのため、地元の方との信頼関係の構築が重要になってきます。ふらりとその土地を訪ね「家や土地はりませんか?」と聞いてみても、なかなか良いものは出てきません。多くの場合、支援してくれる地元の人を探し、誠意を示しながらお願いしていく必要があります。研修先で就農すると良い大きな理由の一つがここにあります。

作栽培方法のこだわりと品質を説明できるかどうかがカギとなります。JAによる有機農産物の買い取りは少ないため、多くの場合は他の方法で販売していきます。

販売方法は多様にして一長一短

一口に販売といっても、直接販売もあれば量販店への出荷もあり、大口・小口、個人出荷・グループ出荷、様々です。販路の選択は作物の生産体系とも密接にリンクしてきます。

直接消費者へ販売

「野菜セット」やお米の直売など、一般消費者への直接販売は、インターネットや口コミなどを利用する形で多く見られます。自分で価格を決定でき、消費者と親密で長期にわたる関係が構築できることが多いです。レストランや小規模自然食品店への出荷も似た関係にあります。しかし小口が多く、出荷や調整、顧客管理には手間がかかります。生産者が共同出荷グループ、消費者が共同購入グループを形成することでその手間が緩和されることもあります。

直売所や朝市で販売

道の駅やマルシェなどにおける販売は、自分で価格が決定でき、消費者に直接語りかけたり、チラシ、ラベルなどで大いにアピールできます。しかしすぐ横のライバルとの厳しい比較に晒され、激しい競争があります。どのようにこだわりや品質をアピールするか、その方法を磨くチャンスでもあります。

生協やスーパー、流通業者への出荷

一括契約で大量に売ることができ、経営は安定しやすいです。一定規模のロットが必要で、栽培面積や栽培時期、販売価格、代金支払い時期などを担当者と密に話し合い、決めた通りに栽培していく必要があります。生産者グループを形成することで対応する例も多くあります。なお、こういった売り先からは有機JAS認証を取得するよう求められることが多いです。

やはり仲間づくりがカギ

売り先は一つではなく、多くある方が経営は安定します。作物の品質を高めるにも、販路を拡大・共有するにも、仲間づくりが欠かせません。最初は仲間や研修先の販路に混ぜてもらったり販売方法を真似したりし、お互いに技術を高め合いながらロットをそろえれば、様々な売り先に売ることもできるでしょう。

有機農業をはじめよう


1 / 212


このページの上部へ 有機農業をはじめよう