有機農業をはじめよう
有機農業をはじめよう/研修先情報

有機農業をはじめよう/ホーム ホーム
4 / 512345

検索結果

サンプル画像

牛尾農場

得意分野・アピールポイント

平飼い養鶏500羽と多品目栽培、直売型の有機農業です。端境期なく年中野菜セットを販売しています。

サンプル画像

べじたぶる・はーつ

研修生に求める条件

私の考え方はこの本に詳しく載っています。

(有)山口農園

得意分野・アピールポイント

「若者に夢と希望とチャンスを」 山口農園では,研修後において就農支援というよりも独立後も共に繁栄し、明日の日本の農業を有機的視点から担っていく、まだ日本ではどこも行っていない農 業のフランチャイズ事業展開の構想を計画しております。研修後、独立希望者は希望があれば、山口農園グループとして、より安全・確実な農業経営を行えるよ う、本部として支援できるように事業展開を考えております。

サンプル画像

堀田農場

得意分野・アピールポイント

筍、みかんの栽培、鶏、野菜の栽培

サンプル画像

農業生産法人 (株)ビオランド

得意分野・アピールポイント

○品質のよい作物をつくるために工夫していること
健康な土作りが基本です。マメ科、イネ科、アブラナ科、ナス科、ウリ科など異なる科による輪作体系を考慮した作付けをしています。 圃場を田と畑交互に使用することで雑草や病害虫対策のひとつとして実行しています。 このようにして作物に負荷がかからないような生育環境を作るようにしています。
○資材に対する考え方や、病害虫防除についての工夫
周囲から農薬飛散とならないように工夫しています。特に夏場は丈の長いソルゴー(イネ科のとうもろこしに似た牧草)を畑の周囲に栽培して、周囲の農薬をあ びないように作物をガードしています。いわゆるバンカープラントです。アブラムシやアザミウマなどの害虫の侵入・発生密度を抑制する効果も期待されます。 病害虫をどのように抑えるかということは重要なことですが、生物の多様性をどのようにして保っていくかという視点に重きを置くことがまず必要なことだと思 います。 土着天敵を活用したり、フェロモントラップを活用するなどして、なるべく病害虫ともk共生できるような栽培をしています。 天敵や共栄作物(コンパニオンプランツ)などの勉強を続けてゆきます。
○今後の営農計画、チャレンジしたいこと
次世代に継承できる農業経営をめざします。 研修生も積極的に受け入れて、技術の継承にも力を入れてゆきます。
○伝えたいこと
自然循環にそぐわない物の使用は、水や空気や土壌の汚染を進め、食の安全を脅かすことになります。消費型の生活から循環型の生活様式に転換してゆく必要があるのではないでしょうか。

地域から探す

北海道 東北 関東 北陸 東海甲信
関西 中国 四国 九州沖縄

条件から探す

都道府県 


有機農業をはじめよう




このページの上部へ 有機農業をはじめよう