有機農業をはじめよう/研修先情報

有機農業をはじめよう/ホーム ホーム > 研修先情報 > 無何有の郷農園

無何有の郷農園

得意分野・アピールポイント

全圃場で有機JAS認証を取得しています。平飼養鶏、水稲、野菜(根菜類中心)、畑作すべて項目で研修生の受け入れ可能です。研修を受け入れた限りは就農まで責任を持ちます。また販売に関しても北海道有機農協に加入するならサポートいたします。加入しない場合も直接販売のノウハウをお教えいたします。

研修生に求める条件

ある程度蓄えのある人、概ね25~45歳程度で健康であること、有機農業がどうしてもやりたい農業であること、自動車免許があること。

研修生に望むこと

就農に対する情熱と決意。理想と現実との折り合いをつける。協調性。

基本情報

農園名・組織名 無何有の郷農園 (むかうのさとのうえん)
郵便番号 059-1983
都道府県 北海道
住所 勇払郡安平町追分旭834
代表者名 小路健男 (しょうじたけお)
担当者名 小路健男 (しょうじたけお)
TEL 0145-25-2524
FAX 0145-25-2524
E-mail shoji◆ipstar.ne.jp

※E-mailアドレスは”◆”を”@”に変換してください。

WEBサイト https://www.yu-kinokyo.net/nokyo/seisansha/do02.htm
交通手段

クルマの場合は道東道追分ICより15分
電車の場合は石勝線川端駅より徒歩25分(2㎞)です

営農情報

主要作付作物

水稲、普通作物、露地野菜、養鶏

およその品目数 約15品目
水稲 59 (有機率100%)
畑作 675 (有機率100%)
野菜 356 (有機率100%)
畜産 有り
おおよそ400羽

研修生募集情報

受入期間 2年
受入時期 4月
受入可能者 4人
農業に対する信念・思い

有機農業とは生き方であり、生業として成り立つことが最低条件だが、生きるもの全てと共生していく農法であり技術であり暮らしの全てであります。排除や批判からは何も生まれません。生き残りの為とか儲けたいとか自由競争の先に共生はありません。

宿泊施設 有り
一部屋あたりの人数:1人
賄い:無し
自炊:可
費用 無し
報酬 有り
月3万円。青年就給付金の受給者には報酬有りません。
受けている公的支援

北海道の認定就農者。安平町の就農支援。青年就農給付金

その他メッセージ

有機農業で生活が成立するようにアドバイスいたします。



このページの上部へ 有機農業をはじめよう