有機農業をはじめよう/活動報告

☆★☆「有参協通信」☆★☆ 2022年8月29日 第15号

☆★☆「有参協通信」☆★☆

2022年8月29日 第15号 有機農業参入促進協議会事務局

「有参協通信」を不定期で配信させていただきます。

「有機農業研究者会議2020」第1部有機農業技術の横展開と販路の拡大への課題に対する農林水産省からのコメントについて、8月25日に担当官と意見交換を行いました。
実行委員からは、①有機農産物の生産量が増え、経済が回れば有機農業が拡大するものではなく、地域のなかに有機農業をどう組み込むかが大切であること、②農家が有機農業に取り組むには、現状では生産に対するリスクが大きいこと、③農家が危惧する減収リスクをどう回避できるかが実施者を増やすために必要であること、④有機農業の指導員は、指導ではなく「かかりつけ医」的な農家が気軽に相談できる方が望ましいこと、⑤農業、環境を守り持続的な社会を実現するために、慣行農業、有機農業が対立的にならないような施策が必要であることなどとともに、「農家が希望を持って有機農業に取り組めるコメントを期待する」ことを伝えました。

「有機農業研究者会議2022」および「株式会社いかす(神奈川県平塚市)有機栽培圃場現地見学会」の参加受付を開始しました。

有機農業研究者会議には、オンラインの特徴を生かし、都道府県、関係法人、有志などでパブリックビューイング会場を開設し全国各地からご参加いただきますようお願いいたします。

《今号のメニュー》
1.「有機農業研究者会議2022」ご案内【10/19】
2.「株式会社いかす(神奈川県平塚市)有機栽培圃場現地見学会」のご案内【10/29】
3.第26回公開セミナー「有機育苗を考える」のご案内【11/29】
4.賛助会員を募集します

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「有機農業研究者会議2022」ご案内
――――――――――――――――――――――――――――――――――
2022年10月19日(水)10時から17時まで、オンラインで開催します。
第1部では有機農業技術の横展開と販路の拡大への課題についての基調講演と実施者の事例発表と技術普及への課題を、第2部では農研機構などから実践技術および最新技術を活用した雑草防除へのアプローチを紹介いたします。また、第1部では農林水産省担当官からのコメントもいただきます。
今回も、オンラインの特徴を生かし、都道府県、関係法人などにパブリックビューイング形式の参加を呼びかけ、全国各地から参加できるようにします。
ぜひ、課題を共有できる地域でともに学べる場としてご活用ください。
なお、動画の配信は行いません。

研究者会議の詳しくは下記をご覧ください。
https://yuki-hajimeru.net/?p=15719

――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「株式会社いかす(神奈川県平塚市)有機栽培圃場現地見学会」のご案内
――――――――――――――――――――――――――――――――――
2022年10月29日(土)9時30分から16時まで講演会と現地見学会を開催します。
株式会社いかすの協力を得て、木嶋利男(伝統農法文化研究所)氏の有機農業を基礎から学ぶための講演と、いかす平塚市出繩農場の現地見学会を企画しました。
講演および圃場見学を通して、講師および栽培担当者と、あるいは参加者同士で、栽培技術や有機農産物の食材供給などについて意見交換を深める場となれば幸いです。

会員には、割引料金で参加いただけます。

詳しくは下記をご覧ください。
https://yuki-hajimeru.net/?p=15818

――――――――――――――――――――――――――――――――――
3.第26回公開セミナー「有機育苗を考える」ご案内
――――――――――――――――――――――――――――――――――
2022年11月29日(火)13時30分から16時までオンラインにて開催します。

移植栽培では、苗の良否が圃場での生育や収量に左右するため、苗半作とまで言われています。有機農業においても苗の良否は作物の収量や品質に大きく影響します。
そこで、今回は有機育苗をテーマに開催します。
基調講演には、東北大学大学院農学研究科の高橋英樹氏をお招きし、有機培土に含まれるウイルスの役割と最先端技術を用いたイネ苗病害防除の可能性と、農薬に頼らずに栽培可能な科学的根拠をご紹介いただきます。
また、岐阜県で新規就農された五段農園の高谷裕一郎氏には、良質な堆肥を材料とした野菜育苗の実際を紹介していただきます。
これから有機農業をはじめようとする方、すでに実施している方にとっても、有益なセミナーです。
会員には、割引料金で視聴いただけます。

セミナーの詳しくは下記をご覧ください。
https://yuki-hajimeru.net/?p=15850

――――――――――――――――――――――――――――――――――
4.賛助会員を募集します
――――――――――――――――――――――――――――――――――
有機農業参入促進協議会の活動をサポートしてください!

有参協は、有機農業推進団体が構成員となり「公的機関及び民間団体と協働して、有機農業への新規及び転換参入希望者を支援すること」を目的に活動をしております。
当協議会の活動にご賛同賜り、賛助会員としてご支援いただきますようお願いいたします。

ご賛同いただける方は、「賛助会員入会申込フォーム」よりお申込みいただくか、「賛助会員入会申込書」に必要事項をご記入のうえ、下記事務局宛ご提出下さい。お申し込みを随時受け付けております。

◇お問い合わせ先
有機農業参入促進協議会事務局
TEL:050-5362-1815
E-mail:office◆yuki-hajimeru.net
※E-mailアドレスは”◆”を”@”に変換してください。